月別アーカイブ: 2019年3月

学習支援を行っています。

以前にも掲載したように、2年前から毎週木曜日に「基町の家」の2階で、広島都市学園大学の学生さんたちに、子どもたちへの学習支援を行ってもらっています。

1551968620552これまでの2年間は、今春卒業して小学校の先生になられる予定の神田 経さん(写真右)と今井 友紀さん(写真左)の二人に、勉強する習慣があまり身についていない子どもを、初めは関係を築きくことからスタートし、少しでも勉強に興味を持つようにいろいろと工夫をされ、根気強く教えてもらうことで、いまでは知識とともに学習に向かう姿勢も持てるようになりました。

15519686205521552570182982.jpgまたようやく学習習慣が身についてきたので、これからも学習支援を続けていただけるよう、元基町小学校校長で現在広島都市学園大学・子ども教育学科の佛圓 弘修学科長にご協力をいただいて、引き続き勉強を教えてもらうこととなりました。
後任として、同大学の日山 涼太さん(左写真)と佐々木 和哉さん(右写真)の二人に、すでに学習支援を引き継いでもらっています。これからよろしくお願いします。

なお神田さんと今井さんへは、中本理事長より卒業祝いを兼ねてお礼品をお渡しいたしました。
支援を受けた子どもには、二人から小学校の卒業祝いを贈ってもらい、とても喜んでいました。
神田さんと今井さんには、とても感謝しています。ありがとうございました。

中本理事長をはじめ理事・スタッフ一同、お二人のこれから先生としてのご活躍を、心からお祈りしています。

食材提供していただいています〔3〕

食べて語ろう会では、たくさんの企業・団体や個人の皆さまから食材の寄贈や提供をしていただいております。いつもありがとうございます。
今回はお寿司の食品提供がありましたので、ご紹介します。

広島市中区舟入町にある産直市場「舟入市場」さまより、3/3桃の節句・ひなまつりにちなんで、前日の3/2にとてもおいしい「ちらし寿司」をいただきました。
株式会社舟入市場さまからは、食べて語ろう会がNPO法人として設立したころより、これまで毎月たくさんの食材を提供していただき、さらに今回ようにひなまつりや2月の節分の時期には「恵方巻」、クリスマスにはパーティー用食材などといった、イベントごとに応じて子どもたちが季節を感じ、とても喜んでくれる食品・食材を寄贈してもらっています。

1551505972806   DSC_0195

舟入市場さまは、広島県内の農産物・畜産物・魚介や生花・加工品を中心に販売されている民営の産直市場です。
また昨年からは市場の2階に野菜工場を造られ、そこで栽培された野菜を自社ブランド『舟入そだち』として、舟入市場内や市内百貨店でも販売をされており、話題となっています。

詳しくはこちら ⇒ 舟入市場さまHP