月別アーカイブ: 2019年9月

美祢社会復帰促進センターを視察しました。

9月24日(火)に、山口県美祢市にある『美祢社会復帰促進センター』の、視察研修を行いました。
今回は、本会の活動目的である再非行防止及び再犯防止に取り組むため、矯正施設を視察することよって、受刑者の現状と改善更生の方策を現地で見聞し、活動内容の深耕と社会復帰のための居場所確保の重要性を再認識するために、更生保護団体の皆様やいつも本会を支援して下さっている方々とともに、参加させていただきました。

視察した美祢社会復帰促進センターは、日本で初めての官民協働によるFPI手法を活用した刑務所として設立され、注目された矯正施設です。
当日は、本会活動でもとてもお世話になっている中島センター長により、官民協働の運営と役割と施設の特性、センター生の生活状況と矯正処遇、改善更生と社会復帰状況などを事前にご説明いただき、その後実際に施設内を細かな説明を交えて、直々に案内していただきました。
お忙しい中、ありがとうございました。

施設内外ともに、とても清潔で開放感のある刑務所とは思えない施設で、しかも一般社会と近い生活環境の中にも最新鋭の警備システムにより監視体制を備えられており、そこではセンター生の刑務作業や職業訓練などを、しっかりと行える環境が整備されていました。
また、昼食はセンター生が食べている食事と同じ「美祢定食」をいただきました。

貴重な経験とともに、今後の活動への研鑽の機会となり、とても有意義な視察になりました。

龍谷大学での講演内容が掲載されました。

昨年12月に、京都・龍谷大学での中本理事長が講師としてお招きいただいた講演会の内容が、掲載されました。

平成31年12月8日、龍谷大学 矯正・保護センターさまの主催により、龍谷大学 響都ホール校友会館で行われた、第8回『矯正・保護ネットワーク講演会』での講演「子ども達の居場所」で、中本理事長がお話しした内容が、ホームページ及びセンター通信「きょうせいほご」第12号で紹介されています。

ホームページ掲載の「きょうせいほご」第12号はこちら ⇒ https://rcrc.ryukoku.ac.jp/about/pdf/rcrc_news_201909.pdf#view=Fit

当日お話しした内容が、そのまま掲載されていますので、ぜひお読みください。