『実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実』の発行

このたび関連書籍として4冊目となる、中本理事長のこれまで活動とともに、半生を綴った本『実像 広島の「ばっちゃん」中本忠子の真実』が、10月25日に発売になります。

1,700円+税

出版社 KADOKAWAさんHPより

子どもたちから「ばっちゃん」と親しまれ、非行少年をはじめ、生きづらさを抱える人たちに無償で手料理を提供する中本理事長の、子どもたちへの関わり方や信念とともに、現在に至るまでのその生きざまと、家族や「家」に集う人々へ取材を重ね、中本理事長の本当の想いに深く迫った、渾身のルポルタージュとなっています。

amazonさんなど書籍通販サイトでも予約できます。

この本の著者である 秋山 千佳さん(写真左)は、元朝日新聞記者であり、現在はフリージャーナリストであるとともに、九州女子短期大学特別客員教授として活動される一方、テレビのコメンテーターや新聞での書評、また各地で講演をされるなど、多方面で活躍されている方です。
なお9月に行った、山口県美祢市の矯正施設「美祢社会復帰支援センター」の視察研修にも、同行していただきました。※視察時の2ショットです!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中