講演会・シンポジウム「子どもの居場所づくり」〔講演会編〕

NPO法人食べて語ろう会では、1月18日(土)広島弁護士会館において、法務省今福 章二保護局長をお迎えし、講演会を開催しました。
今年度は、再非行防止活動で本会と連携している『全国再非行防止ネットワーク協議会』との共催により、講演会とシンポジウムを行いました。

更生保護関係者や市民の皆様など多くの皆様にご来場いただき、講演会では法務行政の中心として活躍され、昨年1月に保護局長に就任された今福 章二様に、これまで更生保護に携わって来られたご経験を基に、子どもたちが安心して暮らせる居場所づくりのための地域や更生保護関係者の役割について、貴重なお話を聴かせていただきました。

今福保護局長が保護観察所長として以前赴任されていた、沖縄での子どもたちを取り巻く環境と事例をあわせ、特に家庭の「貧困」「虐待」や学校や地域での「不良交友」など劣悪状況の中から、どうしたら立ち直ることができるかについてお話しされました。

立ち直るためには、
・子どもの「希望を育む場」が必要
「信頼される大人」がいること大事
・地域のチカラで支援していくことが重要

そのために地域では、
・子ども中心として、子どもたちを受け入れる
・立ち直った子どもが次の立ち直りを支える
・支援する側が辛抱強く継続して支えていく

関係機関や更生保護に携わる人たちが、それぞれの強みと多様性を生かし、ワンチームとなって、子どもたち支えて行きましょうと参加者に強く呼びかけられました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中