カテゴリー別アーカイブ: 行事

講演会・シンポジウム「子どもの居場所づくり」〔番外編〕

1月18日(土)に開催した、 本会主催の『子どもの居場所づくり』講演会とシンポジウムの間には、こういったイベントでは珍しい、吉本興業のコンビ芸人さんによる、漫才も披露させていただきました。

出演いただいたのは、吉本興業広島事務所所属の広島県住みます芸人『藩飛礼(はんぴれい)』竜児さんと松本さんのコンビで、昨年春の「沖縄国際映画祭」でグランプリ受賞したJIMOT CMでも、中本理事長と共演したお二方です。

講演とシンポジウムという、かなり硬いお話の合間なのでどうなるかと心配しましたが、お二人の軽妙なトークと、参加者(特に前列の来賓の方)との少しハラハラするやり取りが大ウケして、とても楽しく、よりいい雰囲気になったように感じました。
何よりも中本理事長が、一番大きな声で笑っていました。

これも中本理事長の明るさと寛容さであり、食べて語ろう会の多様性であるものかもしれません。
藩飛礼竜児さん、松本さん、広島よしもとさん、楽しいひと時をありがとうございました。

講演会・シンポジウム「子どもの居場所づくり」〔シンポジウム編〕

1月18日(土)、法務省今福 章二保護局長の講演後には、今福保護局長をはじめ青少年の育成や更生保護及び矯正施設などの長として、実務の最前線で携わっておられる6名の皆様による、『子どもたちの居場所~子どもの叫びに応える』をテーマに、シンポジウムを開催しました。

まず最初に、パネリストの紹介を兼ねて、それぞれの施設や団体機関の活動内容と子どもたちの現況などについて、お話しいただきました。

パネリストご紹介
中島 学様(美祢社会復帰促進センター長)
山口県美祢市に、日本で初めての官民協働によるFPI手法を活用した刑務所とし
て設立され、注目された矯正施設のセンター長をされており、また食べて語ろう会
の顧問でもあります。
昨年9月には、本会の理事やスタッフ一同で、同施設への見学研修も行いました。
佛圓 弘修様(広島都市学園大学ひろしま人間教育研究センター長)
広島市にある大学で、看護やリハビリを学ぶ健康学部とともに、教育・保育が学べ
る子ども教育学部があり、「授業づくり研修」と先進的な教師の育成をされており
本会で毎週行っている学生さんによる学習支援は、佛圓様のご協力によるものです。
内山 偉文様(広島県西部こども家庭センター所長)
児童虐待、配偶者からの暴力(DV)や児童の発達の状態など、子どもや家庭の問題
に対応する総合的な相談支援機関で、広島県西部地域を管轄するセンターの所長を
されており、また昨年5月にはスタッフ研修として「児童虐待」現状と対策につい
て、理事・監事も含めて講義をしていただきました。
野田 詠氏様(NPO法人チェンジングライフ理事長)
東大阪市において、家庭の事情などにより親と暮らすことができない少年たちの居
場所の提供・相談支援や衣食住などの生活支援、児童養護施設退所者のアフターケ
アを行う民間団体の理事長をされており、本会も参加している『全国再非行防止ネ
ットワーク協議会』でも、再非行防止活動での連携と協力いただいています。
高坂 朝人様(全国再非行防止ネットワーク協議会理事長)
チェンジングライフさんとともに本会が参加している、非行などの問題を抱えた子
どもたちの最善の利益を目指す全国ネットワーク『全再協』の理事長で、また名古
屋市の『再非行防止サポートセンター愛知』理事長もされており、本会ではこれま
でも子ども支援や様々な活動協力をいただいています。広島市出身でもあります。
今福 章二様(法務省保護局長)
ご紹介は、前回投稿の講演会のホームページをご参照ください。

なお、今回のシンポジウムのコーディネーターは、元広島高等検察庁検事長で以前本会主催講演会の講師をしていただいた 酒井 邦彦様にお願いしました。

ディスカッションでは、子どもたちの居場所や立ち直りに関して、パネリストの皆様より様々な意見交換や提言がありました。

子どもの居場所と現況は、
家庭・・・子どもが大切されていない。保護者自身の社会体験が足りていない。
学校・・・学校の枠組みに入らないと排除され、他の保護者もそれを望む傾向がある。
また教師も関わる時間が足りない。
地域・・・子どもの行動が見えにくくなっている。(非社会)
地域での見守る目もなくなって来ている。
子ども・・・ネット社会や個食、共感性の欠如、自己責任主義など孤立化。

子どもたちの居場所づくりのために、
・地域の子どもは地域が育てることと、その責任と覚悟も必要
・コミュニティ(地域)の協力とともに、共助に意識を持つ
・枠組みを超えた多様性の広がりと、様々なネットワークづくり
・いろんな立場のおとなが一緒になり、そこに子どもたちを巻き込んでいく
・立ち直り支援には、時間と忍耐力が必要。寛容と大らかさを持つ

それぞれの立場から、子どもたちの居場所づくりのための、とても参考となる有意義なディスカッションとなりました。
ご参加の皆様には、長時間ご清聴いただき、ありがとうございました。

講演会・シンポジウム「子どもの居場所づくり」〔講演会編〕

NPO法人食べて語ろう会では、1月18日(土)広島弁護士会館において、法務省今福 章二保護局長をお迎えし、講演会を開催しました。
今年度は、再非行防止活動で本会と連携している『全国再非行防止ネットワーク協議会』との共催により、講演会とシンポジウムを行いました。

更生保護関係者や市民の皆様など多くの皆様にご来場いただき、講演会では法務行政の中心として活躍され、昨年1月に保護局長に就任された今福 章二様に、これまで更生保護に携わって来られたご経験を基に、子どもたちが安心して暮らせる居場所づくりのための地域や更生保護関係者の役割について、貴重なお話を聴かせていただきました。

今福保護局長が保護観察所長として以前赴任されていた、沖縄での子どもたちを取り巻く環境と事例をあわせ、特に家庭の「貧困」「虐待」や学校や地域での「不良交友」など劣悪状況の中から、どうしたら立ち直ることができるかについてお話しされました。

立ち直るためには、
・子どもの「希望を育む場」が必要
「信頼される大人」がいること大事
・地域のチカラで支援していくことが重要

そのために地域では、
・子ども中心として、子どもたちを受け入れる
・立ち直った子どもが次の立ち直りを支える
・支援する側が辛抱強く継続して支えていく

関係機関や更生保護に携わる人たちが、それぞれの強みと多様性を生かし、ワンチームとなって、子どもたち支えて行きましょうと参加者に強く呼びかけられました。

食べて語ろう会 講演会・シンポジウムのご案内

《講演は終了しました。ありがとうございました。》

NPO法人食べて語ろう会では、法務省保護局長の 今福 章二様をお迎えし、「子どもの居場所づくり」をテーマに、今年度の講演会を開催いたします。
また、今回は本会も参画している全国再非行防止ネットワーク協議会とも共催し、関係機関の専門家にお集まりいただいて、「子ども達の叫び」にどう向かっていくかについてのシンポジウムも行います。
日程及び会場は下記のとおりでございますので、多数のご来場お待ちしております。

  • 講演・シンポジウムテーマ:「子どもの居場所づくり」
  • 日 時:令和2年1月18日(土) 13:00~16:30(受付は12:00より)
  • 会 場: 広島弁護士会館 3階 多目的ホール
                      広島市中区上八丁堀2-73 
  • 定員・申込: 定員240名 (参加料無料)
                             事前にFAX又は電子メールで事前に申込み    
         ※参加者全員の氏名・住所・電話番号・所属・役職送付

今回講演いただく 今福 章二様は、東京保護観察所採用以後、那覇保護観察所、法務省観察課長、法務省大臣官房サイバーセキュリティー・情報化審議官等を歴任され、今年法務省保護局長に就任されました。
長年更生保護機関を歴任される中で、犯罪を起こした少年や若者が社会復帰するための、安心して暮らせる居場所づくりについて、貴重なお話を伺える機会と存じます。

シンポジウム登壇メンバー
今福 章二 氏 (法務省保護局長)
中島 学 氏 (美祢社会復帰促進センター長)
佛圓 弘修 氏 (広島都市学園大学ひろしま人間教育センター長)
内山 偉文 氏 (広島県西部子ども家庭センター所長)
野田 詠氏 氏 (NPO法人チェンジングライフ理事長)
高坂 朝人 氏 (全国再非行防止ネットワーク協議会理事長)
コーディネーター 酒井 邦彦 氏 (元広島高等検察庁検事長)

なお、講演会とシンポジウムとの間には、今年度の沖縄国際映画祭JIMOT CMグランプリ受賞のCMで中本理事長とも共演した、吉本興業所属のコンビ芸人 藩飛礼さんの漫才も披露してもらいます。

『第二回 追悼竹あかり』に参加しました。

今年も8月6日(火)、広島市佐伯区湯来の広島市湯来交流体験センターで行われた『第二回 追悼竹あかり』に共催参加しました。

「広島平和記念日」である当日は、台風接近で中止の心配もありましたが、昼前には雨も上がり、総合演出のCHIKAKEN(ちかけん)さんの指導のもと会場内にみんなで製作した「竹あかり」の飾り付けを行い、日が落ちる前からあかりを灯して、幻想的な雰囲気の中、参加者全員で平和への祈りを捧げました。

ステージでは、今年も広島県内外で活躍されているアーティストによる、尺八や和太鼓の演奏、歌やダンスなどのライブが披露され、広島よしもとコンビ芸人の藩飛礼さんによる楽しいMCもあり、とても盛大で賑やかな一日となりました。

食べて語ろう会は、子どもたちと一緒に「竹あかり」づくりと設営を行うとともに、製作準備の前日と本番当日の2日間に渡り、製作スタッフへの食事づくりと提供を行いました。
また当会支援者による特製「しゃぼん玉」の実演もあり、子どもだけでなく、大人にも大人気でした。

今回も地元湯来地区の皆様や、賛同して参加していただいたグループ、竹づくりワークショップへの参加者、食べて語ろう会の支援者など、たくさんの皆さまにご来場していただき、 心より感謝しております。ありがとうございました。

『第二回 追悼竹あかり』への参加

昨年に続き、今年も8月6日「広島平和記念日」に、広島市佐伯区の湯来地区で開催される『第二回 追悼竹あかり』(主催 ヒロシマ竹あかり絆Project)に共催することになりました。

『第二回 追悼竹あかり』

  • 日  時   令和元年8月6日(火)
    11時~17時  竹あかりづくり 14時30分~21時  平和祈願ステージ
  • 会  場    広島市湯来交流体験センター
    広島市佐伯区湯来町多田(湯来ロッジ隣り)
  • 参加費 入場無料
    (竹あかりづくりは、小学生500円・中学生以上1000円 ※温泉入浴券付き)

竹あかりづくりワークショップと、歌やダンスと和楽器演奏などのライブステージを通して、ヒロシマから世界へ追悼と平和への祈りを込める催しで、食べて語ろう会からも子どもたちやスタッフが参加します。
たくさんの皆様の、ご来場をお待ちしております。

「食べて語ろう会」総会の開催

6月16日(日)、中区上八丁堀の広島弁護士会館において、NPO法人食べて語ろう会の第4期通常総会を開催しました。
正会員59名(出席者21名、委任状による出席者38名)に出席いただき、平成30年度事業実績・決算報告並びに令和元年度事業計画・予算案の4議案が審議され、いずれも承認されました。

出席された会員の皆様からは、次のようなご質問やご要望などがありました。

  • できるだけ早く認定NPO法人をとってもらえれば、企業からの寄付を受けやすくなると思う
  • 認定NPO法人がとれるまでの寄付者の税制優遇について、NPOセンターや共同募金を活用する方法も考えられる
  • 自立準備ホーム新設にともなう費用負担はどうなるのか。受入れがあった場合、委託費をもらうことができるのか
  • 正会員及び賛助会員の会費改定にともなって、予定通り収入増が見込めるのか
  • 広島県や広島市など行政からの援助等も検討してもらいたい
  • 調理スタッフが増えておらず、現スタッフに負担がかかっているので、その対策を検討してほしい

特に、自立準備ホームを新設したことと、「基町の家」の拡充計画とともに、そのための収支計画について、ご参加の会員さまよりご質問や要望とアドバイスを頂戴しました。

新年度も、本会に求められている重要度を認識しながら、事業運営・スタッフ・財源の充実と強化に努めてまいりますので、引き続きご理解とご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。